creater1リプロスキンはニキビ跡を治すことで人気のある化粧水ですが、クレーターまで治すことができるのか?

クレーターはセルフケアで治すのは難しく一般的にはレーザー治療が必要となってきますが、保険も適用できず治療費が高額なため敷居が高いですよね。

レーザー治療にかかる費用

しかし、クレーターは目立つので絶対に何とか治したい。そこで、クレーターに効果を発揮するのがリプロスキンです。では、なぜリプロスキンがクレーターに効果があるのか?その点について解説していきたいと思います。

リプロスキンがなぜクレーターに効果がある?

リプロスキンがなぜクレーターに効果があるのかを説明する前に、クレーターがなぜできてしまうのか?という点を理解して頂き、それに対してリプロスキンがどのような働きかけをするのかを説明したいと思います。

クレーターができる原因

reproskin4クレーターはニキビが同じ箇所に何度も発生し、赤ニキビから黄ニキビへと悪化させた結果、傷が肌の奥底の真皮まで達し真皮の組織を複雑に破壊したことにより起きてしまいます。

ニキビが治まるにつれて、表皮や真皮は修復されていくのですが全てが綺麗に修復されるわけではなく、一部は修復され無い部分が生じてしまいます。その結果、肌の表面は綺麗な平らな状態にならず凸凹した状態になってしまいます。その状態がクレーターです。

クレーターはセルフケアで治すのが困難な理由

ニキビを修復する過程で大量にできた毛細血管の影響により、肌表面が赤く透けて見える赤ニキビ跡、更に赤ニキビ跡が紫外線などに強くあたることでメラニン色素が沈着しできる茶色ニキビ跡、これらはいずれも肌の外側の表皮で起きています。そして、表皮はターンオーバーの作用が傷んだ古い細胞と新しい細胞を時間をかけて入れ替えてくれるので、セルフケアでも十分治せます。

しかし、クレーターは表皮の更に奥の真皮の層が原因となっており、ターンオーバーの作用はこの真皮の層まで行ってくれません。これがクレーターはセルフケアで治すのが困難な理由です。

リプロスキンはなぜクレーターに効果がある?

reproskin5では、ようやくここからが本題になるのですが、セルフケアでは治すのが困難なはずのクレーターがなぜ、リプロスキンだと効果があるのか?

正確に言うと、リプロスキンはクレーターを治すのではなくクレーターを目立たなくする働きがあります。通常の化粧水は、成分の粒子が大きいため表皮の中にある角質層の更に表の部分しか浸透してくれません。しかし、リプロスキンは潤い成分の浸透力が非常に高く、表皮の奥まで浸透してくれます。これにより、クレーターを目立たなくすることができるのです。

※リプロスキンの潤い成分の浸透力の高さは、公式サイトで動画を使った実験をされているので、そちらを見て頂くと分かると思います。

リプロスキンの浸透力の高さを見る(公式サイト)

リプロスキンによって肌の奥まで潤い成分をしっかりと浸透させることで、肌細胞の一つ一つがみずみずしいふっくらとした細胞になります。みずみずしくふっくらした細胞はクレーター穴を狭めるとともに、表皮のターンオーバーの作用も正常に戻してくれます。

reproskin7

このようにリプロスキンを使用すれば、クレーターを完治させることは難しいですが、クレーターを目立たなくさせることは可能です。

リプロスキンを公式サイトで確認する

リプロスキンが最安値で売られている販売店を知りたい場合は、「リプロスキン最安値比較」のページを参照して下さい。